アイルトン・タニのBlog

これからも地域の皆様にお役に立てますよう お客様に喜んでいただけるサービスや商品をご提供 していきたいと思っております。 「すべてはお客様の満足のために」 がんばります。

試乗会

天気が良くて良かったです

少し風が強く

試乗コースから見える瀬戸内は日本海のような荒波でしたが

セブンもヒーターが良く効きますし問題ございません


改めまして本日ご来店ご試乗いただいた皆様

大変有難うございました

本日ご試乗いただいた皆様はほぼ初ロータス、初セブンということでしたが

軽いということの凄さや楽しさをご理解いただけたのではと思います

是非オーナーとなって楽しんでほしいです



さて明日も天気が良さそうです

ご予約をいただいているお客様を優先させていただきますので

ご試乗をご希望の方は是非事前にご連絡下さいませ


30021701

30021702


明日も頑張りましょう!
  1. 2018/02/17(土) 19:44:16|
  2. ロータス

先日ヘセルホイールを装着したお客様からTEL

興奮した電話の声

先日ヘセルホイールを装着したエリーゼSのお客様からのお電話

どうしたんだろう!?と一瞬考えましたが

「すごいっ!体感できるっ!! 加速もブレーキングもこんなに違うんだねっ!!」

と、感動した旨のお電話をいただきました

よかった~!!

喜んでいただけて私も嬉しいです

約900kgのエリーゼ

もともとばね下荷重はかなり軽い設計なのですが

純正ホイールがフロントが1本約8kgでリアが約10kg

ヘセルホイールはフロントが1本5.33kg、リアが6,54kg

装着するタイヤサイズにもよりますが

今回装着したものですと4本で約12キロくらい軽くなっておりますから

29111102

さて、今日は高知へ

29111105


早朝はちょっと肌寒い四国中央市

堀切峠に雲の傘をかぶってはいますが気持ちのいい晴天 でも高知は曇り空

29111101

それにしてもエヴォーラ400のサウンドはなんともいいものです


  1. 2017/11/11(土) 11:26:00|
  2. ロータス

富士山 平年より23日遅い初冠雪

この写真は先日東京へ行った時に飛行機から撮った富士山

その時はまだ雪化粧はしてませんでしたが

先日初冠雪のニュース

平年より23日遅かったそうです

29102802

それにしても今月はよく雨が降ります

雨が降ると試乗車のエヴォーラもエキシージもなかなか活躍できません

今日もショウルームでおとなしくしております

29102804

長雨の後、先日久しぶりの太陽を見ましたが

この穏やかな瀬戸内と夕日が恋しいですが

自然には勝てません

29102801

さて工場では車検で入庫したエリーゼのカウルを外してリコール対応

オイルリターンチューブの交換です

29102803

明日も雨の予報ですが

しっかり営業致します





  1. 2017/10/28(土) 18:35:43|
  2. ロータス

世界でわずか60台 限定生産のEXIGE CUP 380

LESS MASS MEANS MORE LOTUS  より軽く、よりロータスらしく

一時期大型化に向かっていたロータスですが

最近のエキシージを見てもわかるように軽量化への努力は半端ないです

ロータスは創業当初の理念に立ち返り、蘇ったと思います

エキシージにV8が載って4年

世の中のスポーツカーは肥大化していっておりますが

エキシージ スポーツは毎年のように軽量化していっております

エキシージ スポーツ350ですでに51kg軽量化されているのですが

エキシージ スポーツ380はさらに30.2kgの軽量化に成功しております

カーボンコンポージットパネル、ポリカーボネイト製リアウインドウ、専用ホイール、バッテリー等々

軽量化だけではございません 25psものパワーアップ

そしてスポーツ380をさらに進化させたのがMIDTOWNでお披露目された写真のエキシージ カップ380です

「この新しいエキシージ カップ380にも、ロータス創業当初の基本理念のコンセプトが貫かれています。

エキシージ カップ380は比類なき血統を継承するサラブレッドとして、驚異的な速さを備えつつ

公道走行が可能なロードカーと、生粋のレーシングカーの要素が完璧になバランスで調和し

サーキットでも公道でも究極のドライビングプレジャーを提供して、世界でわずか60台の限定生産を予定

公道走行に対応したロータス車のなかで最も「LESS MASS MEANS MORE LOTUS」のコンセプトを体現している1台

エキシージ カップ380の速度性能は開発過程で最高レベルまで磨き上げられ 風洞を繰り返しながら開発された

新たな空力パース採用によって、公道走行にも対応できるこのエキシージ カップ380は282km/hの最高速度を実現し

最大200kgのダウンフォースを発生します」

ということで、世界限定60台のエキシージ カップ380

早い者勝ちです 

29102702

29102704

29102703

29102705

29102701

29102706

29102707

29102709

29102708
  1. 2017/10/27(金) 16:08:24|
  2. ロータス

平成27年 エリーゼ ホワイト ワンオーナー車 入荷しております

今日はとても良い状態のエリーゼのご案内です

すでにグーネットや弊社のロータスのサイトには載せておりますが

初年度登録平成27年

走行距離約10,000キロ

ワンオーナーのアスペンホワイトです

なかなか出てこないエリーゼの中古車

初回車検がまだで、メーカー保証付き

是非、ご検討ください

291026001

291026002

291026003

291026004

291026005

291026011

291026012

291026013

291026014

291026015

291026016

291026017

291026016

291026018
  1. 2017/10/26(木) 15:39:59|
  2. ロータス

さらに軽量化されたNEW ELISE SPRINT

あれは2010年のパリサロンですから

今からら9年前になるでしょうか・・・・

当時のロータスのCEO ダニー・バハールさんは

5車種のニューモデルをパリサロンで発表したのです



フェラーリを蹴散らすV8を搭載したエスプリ!?

車重約1100kgと大きくなったエリーゼ!?

アストンに匹敵するエリート!?

V6を搭載したエラン!?  等々

これらを2013年~2015年の間で

順次リリースするという大風呂敷を広げました



今年は2017年、勿論どのモデルもリリースされませんでした

ロータスのDNAを無理やりいじくった結果

ロータスのピュアな部分を

そうです、ライトウエイトスポーツを間違って解釈したバハールさんの考えは

結果的には現場も市場も受け入れられなかったということでしょう・・・・・

先週、六本木のMIDTOWNで発表された4台のロータスは

排気量を上げることなく

すべてのモデルで軽量化に成功し

ロータスの理念をしっかり継承したモデルとなっており

われわれとしても2010年当時とは違う

ライトウエイトスポーツを極める車作りに戻ったことを確信でき

嬉しく思っております



これらの写真はエリーゼ スプリントのものです

私が撮ったので上手く撮れてませんが

ロータスの軽量化への努力を見てください

elise220II011

elise220II009

リチウムイオンバッテリーで9kg削減

カーボン製レースシートで6kg削減

新型鍛造ホイールで5kg削減

カーボン製アクセスパネル・ロールフープカバー・エンジンカバーで6kg削減

ポリカーボネート製リアウインドウ等々・・・・・・・

どうでしょう!!

ロータスは今いい方向へ向かっていると思います

elise220II012

ellise220II006

elise220II014

elise220II013

elise220II005

elise220II004

elise220II002

elise220II008

elise220II010
  1. 2017/10/24(火) 11:12:36|
  2. ロータス

エリーゼは496万~

29102301

これが新型エリーゼです。

標準価格は500万円を切り、4,968,000円

価格は勿論重要なポイントですが

一番重要なポイントは車重が856kgまで削り落したこと

エアコン・オーディオ・フロアマット等を取り外し

走りに徹するモデルということですね
  1. 2017/10/23(月) 16:00:08|
  2. ロータス

LOTUS NEW RANGE 発表前

TOKYO MIDTOWNで開催されましたLOTUS NEW RANGE発表会の開催前のリハーサル風景

開催中に流すビデオや音量のチェック

ベールを外すタイミングややり方チェック

リハーサルも大変です

でもしっかりリハーサルをやってもハブニングはつきもの

音が出ない、ビデオが流れない、等々どうしてもございます



当初はイギリス大使館での開催を予定していたそうですが

スケジュール調整がうまくいかずTOKYO MIDTOWNでの開催

結果的には当日は不安定な天候だったので

屋外の開催でなく屋内でしたから

やきもきすることなく良かったのではないでしょうか

こういう発表会はやはり演出が大事です

クリエイティブで、ファッショナブルで、クールじゃないといけませんが

そういう意味ではなかなかよかったと思いますよ

roppongi005

roppongi004

roppongi003

roppongi002

リハーサルも大変ですが

もっと大変なのがその前の設営と搬入です

MIDTOWN内のお店の営業時間が終わってからので搬入で

前日の夜の11時以降から設営がスタート

規則でエンジンの始動は禁止されていて押しての搬入

そしてステージへ上げて

ホイールのロータスエンブレムが全て真上に向くようにジャッキアップをして・・・・・・

勿論ピカピカに磨いて・・・・・・

というようにスタッフの皆さんは不眠不休で朝までかかり仕上げたそうです

大変お疲れ様でした

とても盛況ですばらしい発表会でございました

roppongi006



  1. 2017/10/22(日) 11:58:09|
  2. ロータス
次のページ